*ちゅるん*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
就活生日記②「FtM、説明会に参加する」
やあやあ!ゆーです!

今年の試験が終わった週の日曜日に某大手予備校の主催する合同説明会があったので、それに参加する予定でした。
この業界の企業及び事務所(以下「企業等」)にとっても受験生にとっても1年で最大の就活イベントらしいです。

その合同説明会前日に主催予備校にて就活セミナーがあり、一応参加してきました。これは服装自由だったのでスーツではなかったものの一応ポロにチノというシンプルめな格好で行きました。でもTシャツもいっぱいいたし全く気にすることなかったな。

セミナーでは合同説明会の概要、参加のすすめ、履歴書の書き方などの話を聞きました。
合同説明会ではそこで書類選考始めちゃう企業とかもいて履歴書の提出を求める企業等もあるそうです。
一応顔合わせシートという簡単なプロフィールを記載する用紙、いわば簡易履歴書もあり、それを履歴書代わりに面接の日程を組むところもあるのですが、そういったところでもやっぱり簡易履歴書よりもちゃんとした履歴書の方が印象はいいだろうということでした。まあそりゃそうだよな。

帰りの電車でずっと考えていました。

履歴書どうしよって。

既に履歴書を何枚か書き、面接も数回経験しているちーにメールで相談すると

「書類の印象って大事だから自分の不利になることは書かない方がいいかも」
「知識がないものって警戒するじゃん?だから事前にこの子どうなんだろって思わせるよりその場で説明する方がいいのかも」
「でも逆に第一印象でスーツにあれ?ってなるよりいいのかな(>_<)」
「従業員にGIDの人がいれば理解もあるんだろうし問題ないけど、"性同一性障害"っていうネーミングがなんか問題ありな連想をさせてしまう」
「どうせ口で説明するなら書いた方が早いっていうのはあるけど」


とFtMの彼女としてではなくあくまで採用側の立場に立った客観的な意見を述べてくれました。
言いにくかっただろうけどズバズバ言ってくれてよかった。

自分では履歴書に書いちゃうつもりでいたけど、書かずに、というか履歴書を持たずに合同説明会に乗り込むことを決心しました。

幸い簡易履歴書には名前・年齢・住所・最終学歴・保有資格・職歴・備考しか書く場所がなく、性別は書かずに済みそうだったのでこの簡易履歴書を7枚コピーして持っていくことにしました。

実はこのときはまだ、卒業後は資格と関連のある職場でバイトでもしながら受験生やろうと考えていたのでそのバイト探しと、冬にも同じような合同説明会があるのでもし就活するにしても冬にやるで間に合うだろうと思ってその冬の就活の情報収集的な目的での参加でした。
この業界は新卒はむしろ不利というか、実務経験者を欲しがっている業界だし、更に繁忙期が12月から3月と、4月入社の大学生は採りづらい業界なので、この夏に決めるのは無理かなっていう諦めもありました。

でもこの諦めのおかげで開き直れたので簡易履歴書で乗り込む決心がつきました!

セミナーでもらった参加企業等一覧の中から履歴書必須じゃなくて、応募資格満たしてて、都内にある企業等に適当に丸つけて準備しました。


追記はいよいよ合同説明会!
合同説明会。
前日すっっっっっっっげー緊張したのを覚えています。

他人の前でスーツになるのは初めてでしたから。

あとどんな冷たい視線がー、とかそういう不安もすごくありました。

緊張でお昼ご飯も少ししか食べられませんでした。しかも10時ころに(笑)

密林で買ったビジネスバッグに簡易履歴書とスーツのジャケットとネクタイを詰めて出発。
ニュースでは猛暑猛暑言ってましたからね。ジャケットなんか着てられません。
パンツにシャツを腕まくりです。

後から気付いたんだけどこのときベルトするの忘れてました(;O;)
パンツが緩くないからうっかり忘れてしまいました!
ベルト!気を付けてくださいね!!ベルト!!!

特に知り合いに会うこともなく会場のビルへ。
電車の中では特に変な目で見られることもありませんでした。
会場の入口前で身支度をしながら始まるのを待ちました。
やはり上の世代が多いというか、新卒はいないような感じでした。あと圧倒的に男が多い。
待っている間、参加者の観察をしていましたが、自分と似たような身長で結構細身の男を見つけて勝手に勇気をもらいました(笑)

始まると参加者は皆気になる企業等のブースに行って業務内容とかの説明を聞いたりします。
自分も一番気になっていた企業等のブースに行きました。
そこはちーが今第一志望で就活しているところに近くて残業もなく試験前は休暇もとれるそうだったので気になっていました。
ブースには中年男性(所長?)と優しそうな中年女性がいて、中年女性の前に座り、簡易履歴書を提出。
「あら今大学生なの~」「どうして真っ先にうちのブースに来たの?」「なんか質問ある?」
などと和やかにお話を聞きました。
緊張すると声とか高くなっちゃうから心配だったけど、怪訝そうな態度は見られませんでした!
よしパスした!と喜んだけどもそのおばちゃんに
「すごく勉強熱心な感じは伝わってくるんだけど履歴書がないんじゃ…」
と言われてしまいました(*_*;

でも自分のスーツ姿は通用することが分かって一安心!
次々と積極的にブースを回りました。

中小規模の企業等を主に回っていたのですが、比較的大規模の企業等のスタッフから「うちのブース見に来てください」と声をかけられたので大きいとこも見ておこうとそのブースに行きました。
そこは履歴書は必要としなかったけど、独自の簡易履歴書を待ち時間の間に書き、面接の予約をする感じでした。自分も椅子に座らされ簡易履歴書を受け取ると、その簡易履歴書には男か女に丸をつける項目がありました。
そこでゆーは試しに女に丸をつけてみました。
担当の方は仕事できそうな元気な感じのおばちゃんでした。
すごく緊張しながらおばちゃんの質問に答えていきました。自分がなんて質問したかは忘れた(笑)
最初から最後まで和やかっていうかおばちゃんが全力疾走で、性別についてつっこまれることはなく流れるように面接の予約をしました。

多分、向こうは性別なんか見てないです。
ならなんで書くとこつくったんだよって感じですが。

こんな感じで合計6~7くらいの企業等のブースを回りました。
その中で面接の予約をしたのは4こ。
就活するつもりではなかったのでびっくりしました。
めっちゃ就活してるじゃん(笑)

最後にブースを訪問した企業等の代表が、侍みたいな鋭い眼力の方でした。
厳しいけど優しいみたいな第一印象を受けました。
そこはぎりぎり応募資格を満たしていなかったのですが、そのことについて質問すると代表は

「じゃあ冬にまた気持ちがあったら来てくれ!その時までこの顔合わせシートは預かっておく!」
「ゆーさんな。覚えておくよ。こうやって一回会ってるから冬の選考もきっとスムーズにいく。」
「いつでもうちに見学にこいよ!」


と、温かい言葉をくれました。
冬にまたこいとのことなのでこの時は面接の予約はしませんでした。
代表はゆーを完全に男だと思い込んでるだろうしGIDという事実も知らないので、それを知った時に変わらず温かく迎えてくれるかは謎だけど。
でも「ゆー」という人間そのものは受け入れられたのかなって嬉しくなりました。

この代表との話を最後に会場内に終了のアナウンスが流れ会場を出ました。

会場を出ると、主催者の某予備校のスタッフがアンケートを回収しに来て、「お疲れ様です!本日はどうでしたか?」と聞いてきました。

最初は不安や心配で行きたくない気持ちだったけど、得るものがたくさんあって満足でした。
参加してよかったと心から思うし参加すべきだったと確信してる。

だから感謝の気持ちを込めて
「めっっちゃ楽しかったです。どうもありがとうございました。」

と言ってペコリして帰ろうと思ったら、めっちゃ良い笑顔だったのか、
そのスタッフが会場に来てたテレビカメラ隊呼んで「お時間よろしかったらインタビューお願いできませんか?!」と言ってきたので

「あ?!いや!その!そういったものは苦手なので…はい!すみません!わはは!」
と言って逃げました。今思うとなんてコミュ障…。笑

この合同説明会で、
自分のスーツが問題なくパスできること
大事なのは自分の能力であること
を実感できました。
たかが説明会だけど自分にとっての大きな一歩を踏み出せたような気がして大きな達成感に包まれました。

あと極度の緊張からのすんげー疲労(;O;)

あと次の日の一次選考集 団 面 接に対する恐怖と不安と緊張(;O;)(;O;)(;O;)

ちーと夜ごはん食べたんですけどテンション低くて心配させちゃうし、あんまりいっぱい食べれませんでした。



適当にスーツが似合っていれば周りの人はその人の性別がどっちかなんて興味を持ちません、疑問にも思いません。
だからスーツを着たら凛々しい顔して自信もってください。堂々としてください。キメキメで行こう!!!
ゆーなんか身長154体重45の完全に女子です。てか女子の中でも華奢な方。こんなチビでガリな男いる?ってくらいの体型です。

でもこんなゆーでもスーツならパス率100%です。

スーツ補正の力を信用してください!
声でばれるとかそんなこともないです!
声高い男の人もいるし(小田○正さんは声変わりしなかったんだそうな)、さも今までの人生この声で生きてきましたがなにか?って気持ちで堂々としていたほうがいいです。

堂々と頑張っている姿は性別関係なく誰の目にもかっこよく映るはずですから。




次回はとうとう選考デビュー!
スポンサーサイト
[2013/08/17 18:37] | 就活 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<就活生日記③「FtM、履歴書を書く」 | ホーム | 就活生日記①「FtM、スーツを手に入れる」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://omz3211.blog.fc2.com/tb.php/75-11117b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ゆー、ちー

Author:ゆー、ちー
FtMと可愛い女の子の
青春は純白だ!!!!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。