*ちゅるん*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
成長過程
やあやあ!ゆーです!

遠恋開始1週間も経ってませんが予想通りキツイです!!!!!!


ちーは勉強頑張っているみたいなので自分も頑張らねば。
将来絶対金持ちになってやるんだ。


ただいまわたくしゆー。
実家に帰っているわけですが、去年の夏ころに両親にカミングアウトしたので親と自分の性について話したりするようになりました。
デリケートな話題だと気遣ってくれてんのかわからんけど、親から直接的にその話を振られることはあまりありませんが、自分から振れば全然話を聞いてくれている感じです。

話振ってこないからまだ認めたくないのかな…とか不安に思ったりするんですけど考えすぎかな(*_*)


「おかんいつから気付いてた?」

ときくと

「気付いてたわけじゃないけど小さいころそうかなーとは思ってた。」

だそうです。

自分昔からボーイッシュだったんです。
幼稚園のころお気に入りだった洋服はペイズリー柄の赤いシャツだしパンツしかはかないし。
※パンツとはズボンの方のパンツで下着の方じゃないです。ちゃんとどちらもはいていました。

おかんのお兄さんの結婚式では当時5歳くらいだったと思うけど、ドレスではなく子供用のスーツを着せてもらいました。
七五三も保育園の集合写真みたいなやつもスーツを着せてもらいました。
「スカートなんかはきたくない!!!」って荒けるからわざわざ買ってやったそうです(笑)

今日おかんに
「私があの時のスーツを着ている可愛い写真ある?^^」って聞いたら
「写真は倉庫の中だけどスーツならあるよ」と言ったので出してもらいました。
fc2_2013-02-12_17-04-14-109.jpg

割とかわいいじゃん!!!
これ今着てても全然ありですよね(笑)いや着れないけど(笑)
せめて…せめて女の子っぽいおしゃれな可愛いやつを…!って買ったらしい。
でもネクタイ(笑)ボウタイとかじゃないんだな。
ネクタイだいすきだったなー!今もだいすきだけど!

しかし保育園の卒園式はスカートをはきました。
はかせられたわけではなく自主的にはきました。

それは小学校に上がるということに伴い「普通の子にならなければ」と思っていたからです。
自分が変人だと親や姉妹に迷惑をかけると小さいなりに考えていたんでしょうね。

当然小学校の入学式もスカート。入学してから最初の登校日もスカート。
なぜなら自分は普通の女の子だからスカートはくのなんか普通。

でも心の中がすげーもやもやしててそれをおかんが感じ取ったのかは知らんけど

「あんたの好きなもの着なさい」

っておかんが言ってくれたから結局小学生時代スカートをはいて登校したのは入学式と初日の2日だけ(笑)
女の子の友達もいっぱいいたけど、休み時間や放課後は男の子に交じってドッヂボールしたりチャリンコレースしたり、特に高学年に上がるとモテキがきたり初恋もしたり(ヒロ●ちゃん)と、あの日誓った「普通の子になる」ことはできなかった小学生時代。

小学校卒業式、6年間およそ全部パンツ(※以下略)で登校してたしかなり自分男の子みたいだったからスカートはくのが嫌で嫌でおかんに泣きながら相談したら、スラックスとシャツとアーガイルのベストを買ってくれました。

全然関係無いけどさっきから「おかん」って打って癖でスペースキー押しちゃうと「悪寒」って変換されちゃってホラーだわあ…

それでそのおかんが買ってくれた服着て卒業式出て、「今!」「旅立ちのとき!」\旅立ちのとき!/
の「今!」やりました。緊張した。
中学は私立中学を受験したんだけどその面接もこれを着ていきました。
まあスポーツ推薦だったから絶対受かるんだけど。ジーパンの子もいたくらいだし。


中学校入学でもしたんだよね!「普通の子になる」宣言!
なんせ制服はスカートじゃん。逃げられないわけ。
しかも「女は家庭に入るべきだしそういう女性を育てる」みたいな「女性らしさ」を重んじる学校だったから、周りはお嬢ばっかだったしそんな環境にいたら否が応でも「女の子」になると思いました。

まあ結果から言ってダメでした(笑)
初彼女が中2でできちゃってたし。

それでも懲りずに高校入学で普通の子になる宣言。
それでもだめでまた彼女できるし。


もう自分は普通の子にはなれないのか…?と諦めかけてホルモン治療とか適合手術とか調べたり同性婚できる国とか調べたりして受験勉強片手に病んでました。

それでも猛勉強の末、東京の大学に合格しました。
ここでは昔の自分を知る人はいない!ということで最後の希望をかけてしましたよ。
普通の子になる宣言!(笑)

まず男の子っぽすぎる服装だと男の子と間違われて女の子の友達ができないんじゃないかと思ってまず私が購入したのは蝶ネクタイ(笑)意味不明だ(笑)

4度目の正直の「普通の子になる宣言」も虚しく、入学して3カ月くらいでちーに恋して半年後には付き合うというね。
もうこりゃ無理だわ、って今では諦めて、いや、受け入れて自分なりに幸せになる努力をしたいと思いました。


振り返ってみると、新しい環境に入るときにいつも「普通の子になる宣言」とかいって新しい自分になろうとする度に、それまで自分の周りにいた友達と会わないようにしたりしていた。
昔の友達にとってのゆーはその頃のゆーなわけで、新しいゆーに生まれ変わろうとする自分にとって昔の自分の記憶をもつ友達は邪魔だった。っていうとちょっと語弊があるような感じがして怖いけど、とにかく新しいところで1から自分をつくりたかったのかな。多分。
もちろん、友達が好きじゃなかったわけではなく、むしろ好きだった///し、切り捨てて行くのは本当に悲しかった。

でも大学でようやく自分を受け入れることができて、良い友達に会えて、卒業してからも飲みにいったりしたいなあとか思うようになりました。
おかんが「なんでわざわざカミングアウトする必要があるんだか?」と言っていたが、友達にカムするときはそれが大きい理由だな!

あれ、おかんとの会話の記事にしようと思ったのにいつの間にか自分史になっていた。
懐かしくなっちゃってつい止まりませんでした。


「入学の度に普通の子になろうと頑張ったんだよ」と言ったとき、

「世話かけたね、気遣わせちゃったね」

って言われました。
むしろ世話かけたのはまぎれもなくゆーの方(笑)
わざわざスーツ買わせたり(笑)


今はまだちーとのことは言えてないけどいつか言えたらいいなあ
もう早く言っちゃいたいです。
スポンサーサイト
[2013/02/12 18:35] | 自分史 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<生まれて初めて親に恋人を紹介した話 | ホーム | バレンタインデー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://omz3211.blog.fc2.com/tb.php/57-b72ec683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ゆー、ちー

Author:ゆー、ちー
FtMと可愛い女の子の
青春は純白だ!!!!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。