*ちゅるん*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ちゅるん。かーらーのー!
やあやあ!ゆーです!

最近すげーまじめなことばっか考えて頭が爆発しそうです。
でもこんなに自分の将来を考えて悩まなきゃいけないってことは、将来ずっと一緒にいたいと思えるパートナーがいるってことなんだなあ。みつを。

この悩んでいることをここに書くにはまだ自分の中で考え足りてないことがあって十分に伝える自信がないので、また今度に書こーかなーと思います。多分夏くらい。いや、夏前くらいかなあ。みつを。

今までは自分と似た境遇の人たちの生き方を参考にしたいと思うばかりでしたが、今は自分より下の世代のセクシャル迷子たちの轍を作りたいと思うようになりました。大人になったなあ、21歳だもの。みつを。


しかし今日はまじめなことを書くつもりはないです!
きっとパソコンを壊れるほどカタカタしたところで3分の1も伝わらない!



ということで3年前の11月23日のことを。
続きを読む
スポンサーサイト
[2013/03/05 01:09] | なれそめ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ちゅるん
やあやあ!ゆーです!

もーボールペンでガリガリ文字書くの疲れたからパソコンカタカタやらして!

そーいえば初ちゅるんのことについて詳しく書いたことなかったなーと思いましてね!
今更だけど初ちゅるんのこと書こうかなと思いまする!
大変長いのでスマホいじる指シャッシャシャッシャ動かしてくれて構わないよ!


あれはそう、大学1年生の夏だった…(謎の携帯小説調)

長かった期末試験も終わり夏休みに突入してみると、
馬鹿みたいに14連勤くらいバイト入れてたり
連勤が明けると東○電○のインターンシップがあったり、
全然ちーに会えませんでした。

試験期間中は毎日一緒にいたようなものなので寂しい寂しい。

しかもインターンシップが大学に入って浮かれてる1年坊主には辛くて辛くて。


余談ですが人生初めてのインターンシップは金髪で行きました。
服装自由って書いてたから許されると思った常識知らずです。
さらに普通黒スーツで行くかと思いますがちょっとこじゃれたグレーのスーツで、シャツも白じゃなくて襟のステッチが可愛いチェックのワイシャツでした…なんかもう本当にごめんなさい…多分ピアスもでかいのしてました…


…こんなんでよく辛いと言えるなって今なら思いますが、当時はマジで辛くて辛くて辛かったのです。

そこでインターンシップ中の日曜日に、ちーがご飯作りに来てくれることになりました。
そのとき映画観ました!ハナミズキ!

その頃はまだ付き合う前でしたがお泊りに来れば一緒のベッドで腕枕して寝るしやたらくっついてるような距離感でした。
まだ付き合う前で腕枕ってなにもうわけわからん(笑)


その日も当然腕枕\(^0^)/


ふざけ(たフリし)て「チーロオオォォォオオオ!」って思いきり抱きしめてみました。
(※その頃はチーロって呼んでた)

したらちーも抱きつき返してきてしかも


「もー、好きになっちゃうよ~(笑)」


とか言うんですよ!!!
むしろ好きになれよばかもん!!!!!!!!!
これ言ったのちー覚えてないだろ?!(笑)
頭ポンポンしながら言ったんだからな!!(笑)


こんなん言われたらきゅんってきて脳みそ溶けちゃいますよね。
脳みそが溶けて理性までも溶けてしまったゆーは再び思い切り抱きしめます。

それで顔が偶然あたっちゃった☆みたいな事故を装ってちーに一瞬ちゅるんします。

ガッツポーズだけど事故だから(笑)ガッツポーズなんかしない!
ちーも一切リアクションしないし事故だと思ってたはず。あれ事故じゃないんだよ(笑)


次の日またインターンシップで朝早く出なきゃいけなかったんだけど、
ちーが起こしてくれて朝ご飯まで作ってくれました!

(全然気付いてない!!)と思ったゆーは行ってきますのときにまた思いっきり抱きついて2度目の事故を起こします。


本当に馬鹿だ…
恥ずかしくなって逃げるように家を出ました。
そしたら財布を忘れました。

一応ちーが怒ってないかを探るためにメール。

『ご飯とかありがとー!』

『うい!インターンがんばっち!
卵もらうね~(ひよこの絵文字)』
←朝ご飯食うため


気付いてない?!セーフ?!
ちーってちょっと鈍感な子なのかな!
と思ってひとまず安心!

その日のインターンはめっちゃ頑張れました(笑)
いつも眠くて眼開けてらんなくて儚げに微笑むことしかできなかった(金髪のくせに)のに眼はがっつり開いててめちゃめちゃノートとったり積極的に質問したりなんとまあ単純な奴です。

帰ったらちーがボタンつけといてくれて、ご飯もつくっといてくれて、お邪魔しましたの置き手紙もあって、本当にいつもの感じでした。
そこでゆーは思いましたね。


(全然気付かれてないわwww)


ウキウキで次の日もインターンに行きました。

でも電車を待ってるときにね、違和感を感じたんです。


メールは毎日してたのにちーからメールがこないから。

続きを読む
[2013/02/21 01:45] | なれそめ | トラックバック(0) | コメント(0) |
昔の話
やあやあ。ゆーです。

片想いのころの話です。
ふと思い出してしまったので。

ちーをはっきりと認識したのは大学1年生のちーの誕生日。
それまで特に可愛いともなんとも思ってませんでした。

誕生日に二人でカラオケ行って仲良くなって香水のミニボトルをプレゼントして仲良くなった。

好きかも!と思ったのはそれから1ヶ月くらいしてから。7月ころ。

サークルの夏合宿でバスが隣の席でした。
帰り道遊び疲れたちーは
「肩貸して」
といってゆーの肩で寝始めます。

程よい重さと温かさが心地よくて自分もちーの頭に頭をのっけて寝てみました。

するとバスが揺れてても頭がガクッとならず安定するベストポジションが発見されました!

くっついてるときの安心感ね。

それからちーと仲良くなって、
あ、可愛いじゃん、って気づきました。

よくゆー宅でご飯作ったり試験勉強したりしたな。
もちろんお泊まり。


1年生の前期の試験が終わったとき、ちーと二人で花火しました。
線香花火4袋

3本くらい束ねるとめっちゃでかくなって楽しいんです。

1袋目と2袋目はノーマルに楽しんだけど、3袋目で挑戦しました。


一袋全部束ねよう、と。


とてつもなく大きな火花が散るはずだ…!

結果どうなったと思います?



ただ普通にメラメラ燃えてた(笑)


ただの火事です。

最後の4袋目はまた普通にやりました。

最後の1本はちーにあげました。

そしたらちーが

「じゃあこれ最後まで落ちなかったら今期はフル単!」

とかいって真剣にやりはじめました。

真剣に線香花火やってる間ずっとちーの顔見てました。


めんけー、って(笑)


そのときにちーが好きだって気づいた。

だってめっちゃちゅるんしたかった(笑)

でもそんなことしたらもうご飯作ってくれなくなっちゃったりするかもしんないからね。
そもそも女の子と付き合うのはもうやめよう!って大学に入るときに決めたし!

だから我慢です。


あっ、

てかそもそも、

そのとき自分彼女いたわ!

なんてさいてーやろうだ!


まあそれは置いといて、
単位をかけたちーの線香花火は
最後まで落ちることはありませんでした。

当然ちーはフル単。

ゆーはいっこ落としました(笑)

だってよう。
ちーを意識してしまって
ずっとちーのこと考えて
勉強とかできなかった!

その上の空状態をちーに心配されたけど、
まさか本当のこと言うわけにはいかないから

「心臓が痛くてねwww」

とかってごまかしてた。

ら、

「まじで心配だから病院いこう?ちーもついてってあげるよ(*_*)」

とか言うんです。

どんだけ好きにさせるんだ(;o;)!


そこでね。決めましたよ。
この気持ちは隠し通すと!

離れてしまったらまじで心臓止まると思ったから。


ま、そんな決意したところで
この1ヶ月後くらいにはちーにちゅるんしちゃうんですけどね☆


ぺらぺらの決意。
げきよわの忍耐力。

恋は盲目。
情けない限りです。

元カノとも付き合ったままだったし
本当に本当にさいてーだなあ


でもね。
そのちゅるんした次の日、
ゆーはインターンシップだったんだけど。
もーめっちゃ頑張れたよね(笑)

立ちながら寝てた初日とは大違い。
めちゃめちゃノートとったりした。


ちーは多分動揺してて、
それまで毎日メールしてたけど
初ちゅるんから3日くらいメールこなくなっちゃって相当焦ったなあ。

なんやかんやあって両想いってことになって今に至る。


ちゅるんしちゃったことすんごい後悔したけど。
でもあのちゅるんがなかったら今はなかったと思ってる。

あのときの自分の勇気に100点をあげたい。



ってゆー甘酸っぱい思い出でした。
[2013/02/04 01:05] | なれそめ | トラックバック(0) | コメント(2) |
なれそめ
携帯小説ばりの私たちの馴れ初めを書きます。
完全ノンフィクションです。
めちゃめちゃ長いですがお付き合いください。

マジで携帯小説にしようかと思っているので第3章だけ書きます。
ちなみに第1章、第2章は元カノの構成になっています(笑)
元カノにブログがバレて引っ越しせざるをえなくなったドッペルゲンガーの先輩がいますからね( ̄ー ̄)

本当は元カノから逃れるための辛い辛い受験も書きたいんですけど割愛!(笑)

晴れて東京の大学に合格した私はとりあえず女の子の集団に飛び込みました。
田舎から上京してきた私は頼れる知り合いがおらず、友達づくりに必死だったのです。
女の子って群れるじゃないですか。グループが固まる前に群れのなかに入らなければ!と思って(可愛い子がいっぱいいる)女子集団に入団したわけです。
最初に皆でご飯食いに行ったときは20人くらいいたけど時が経つと団員は8人に落ち着きました。(十分多いですね。)
そのなかにちーがいたというわけです。

初めは全く仲良くありませんでした。
「腕ほっそーー!!」
と言って絡んだ記憶があります。てかもう絡みはそれだけですね。

そんな距離感のまま、6月に突入!
4,5,6月に誕生日の子がいたので、仲良しの8人で遊ぶことに!

しかし!次々と広まる! \風邪!/
つぶれていく! \のど!/
続々と辞退していく!\カラオケ!/

ついにカラオケに行けるのは私とちーだけになってしまいました…。
ちょいちょい距離感もあったし、ちーが気まずいと思ってカラオケはまた今度にしようかと思ったところ、この子、かなりのカラオケ大好き大魔人のようで、2人で行くことになりました。
ちーはめっちゃ歌が上手いです。
前回のオフ会でカラオケに行きましたが、あの時のちーはお酒のせいで実力の2%も出していません。

このカラオケをきっかけに段々と仲良くなっていき、私の家にご飯をつくりにきてくれるようになりました。
そう、私は料理のできないクズ人間だったのです…!
最初につくってもらったご飯は豆腐丼です。今でもリクエストするほどお気に入りのメニューです。

そしてこの頃から、当時付き合っていた元カノのDV がひどくなってきました。顔にアザ(っぽいもの)ができて学校に行けなくなることも。
高校で同じクラスだったのですが、その頃からヤンデレっぽいなとは思っていましたが、本当にヤンヤンデレデレでした☆

8人にはそくばっきーな友達がいると話していたのですが、中でもちーが一番心配してくれていて、よく相談していました。
その頃の口癖が「貝になりたい」で、貝にならないように世話をすることを2人の間では「貝護をする」と呼んでいました。

貝護されるうちに、好きになっちゃいました☆
いやーだってそりゃあ好きになりますよね!なんか可愛い顔してるし!笑
でも、ちーは同性愛者というわけではなく、昔彼氏がいたこともあるし(タ●ヤとケ●タ)なにより自分が、もう同性と付き合うのは止めようと大学入学を機に決意したので、友達でいることを頑張りました。
私は中学のころに初めて同性と付き合い、変な罪悪感のようなものと一緒に生きていました。
自分の意思で人を好きになっているはずなのに、異性を好きになること、性表現と性自認が一致することを強く望んでいるのです。
しかし、ちーを好きになって、やっぱり同性を好きになってしまい、世間でいう「普通」には生きれないんだ、と思いせめて嫌われないように、最高の友達を目指しました。
同性である自分に好きになられてもちーを困らせてしまうだけだし、それによって自分も傷つくし、もし付き合えたとしてもちーを不幸にしてしまうと思っていたので。

そのころの私のリアル(笑)にはこう書いてあります。

この感情はいつか静まるものと信じて今はこのドキドキしたりモヤモヤしたりを楽しもう。

え、なに、大好きじゃないか!(笑)
この子は本っっっ当にモテる子でモヤモヤモヤモヤしました!今もたまにします!

でももう我慢できなくなっちゃったんですかね、ちょっと、軽く、事故に見せかけて、ちゅるんとしてしまったわけです(笑)
2日くらい気まずい感じになりましたが、ごめんとメールしたところ、
「別に嫌だと思わなかった」
とお返事をいただいたので、一安心。

しかし次のお泊まりで私が先日のちゅるんについて謝りたおしていたところ、事件が発生しました。


なんとちーからちゅるんしてきたのです。

歓 喜 (T0T)

「これでもう謝れないでしょ?」
ってなにこの小悪魔っぷり(゜゜;)

それからはお泊まりのときはちゅるんする微妙な関係に。
(それが3ヶ月くらい)

でもなんのきっかけか忘れたんですけど(笑)「うちらって付き合ってんのかな?」ってメールしたんですね。それから

「わかんない。けど普通の友達じゃないら?(´・ω・`)」←静岡弁の影響をモロに受けている。

「じゃ、付き合お?」

「いいのかなあ(´・ω・`)」

「いいの!」←ねじ込んだ

「じゃあ直接聞きたい(雪だるまの絵文字)」

後日、交際を申し込み、めでたく付き合うこととなりました!

それから今まで二人で色々なところへ行きました。
TDL や箱根、熱海、京都大阪、北海道、お台場、横浜、フランス、えとせとらああああああああああ
これからも沢山の思い出をつくっていきたいです。

今まではセクマイの自分を否定して生きてきましたが、ちーと付き合って、セクマイの自分を受け入れ、その上で一緒に幸せになることを頑張ろうと思いました。おかげでようやく親にカムできました。なんか前向きに生きてる感じがします!

この第3章が最終章となりますように(笑)

おしまい。
[2012/08/20 14:54] | なれそめ | トラックバック(0) | コメント(4) |
プロフィール

ゆー、ちー

Author:ゆー、ちー
FtMと可愛い女の子の
青春は純白だ!!!!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。